モノを創る人Vol.4〜東京和食五十嵐/五十嵐大輔シェフ&クロダンボネさん〜

April 22, 2019

六本木に知る人ぞ知る、いや今やグルメ界で衝撃を起こしている和食店がある。

その名前は東京和食「五十嵐」だ。

シェフはミシュラン獲得店銀座「小十」のシェフを経験した五十嵐大輔さん。

そしてこのお店を生み出したのがオーナーのクロダンボネさん。

このオーナーO氏とは二十年来の友人で、それがきっかけで

このお店の開店のお手伝いをさせていただいた。

 

お店の特徴がユニークなのだ。

◎住所は非公開

◎1日10席のみの1回転

◎動画撮影禁止

◎予約はFacebookでオーナーのダンボネさんとまずお友達になり

お友達になれたところで初めて予約を申請する権利ができる。

その後の予約解禁指定日の指定時間スタートと同時にメッセンジャーで予約申請。

◎基本お1人様でのご来店

こんなダメダメ尽くしでも先の2ヶ月の予約解禁時間

十数分で2ヶ月分の予約が埋まってしまうとい恐ろしい人気店なのである。

 

結局上記のようなダメダメ尽くしの目的はただ一つ。

雰囲気を壊すお客様の排除にあると言ってもいいだろう。

自慢する人。うんちくを語る人。

騒がしい人。そんな他のお客様が気分を害するお客様は来ないでいい!!

というのが目的だそうです。

 

料理の話をしよう。

さすが和食でミシュランを獲得している名店出身の五十嵐さん。

どれもこれも美味しい(本当に美味しい時は美味しいの一言でいいのだ)

そして今までの和食の殻を破った新しい和食に挑戦している。

(料理については東京和食五十嵐と検索すれば

たくさん出てくるのでご覧いただければと思います。)

全20品あまりの料理を約3時間で食す3時間があっという間の

エンターテイメントなのだ。

アルコールは各料理に合わせたペアリングで全て給仕される。

もちろんノンアルコールもある。

まさに東京和食だ。

 

お客様は神様だ。と胸を張って威張っている人たちが増えつつある

この時代に、我々も最高のサービスをする。

でもお客様も最高のお客様であって欲しいと言う

対等の関係をきっちり守っているお店。

もし機会があればぜひ味わっていただきたい名店である。

桜新町、三軒茶屋、若林、広島のお好み焼き、お好み焼き、蕎麦屋、おっこんや、森泉

Please reload

Featured Posts

回顧録。制作後記〜ジョージアミッション〜

January 10, 2019

1/3
Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us