伝統美の美しさ

先日ご縁があって 大相撲の九州場所の観戦に行ってまいりました。 正直ぼくは相撲が好きです。 相撲という競技(新儀?)自体もだが 僕は所作の美しさ装飾の美しさ いわゆる日本の伝統美にうんと惹かれるのだ。 お相撲さんの土俵入りも素敵。 でも一番のお気に入りは行司さんと呼び出しさん。 行司さんの所作も木村家と式守家ではぜんぜん違う動きなんですよ。 呼び出しさんの声の出し方も個性がある。 そして行司さんには先程言ったとおり 木村とか式守とか名字があるのに 呼び出しさんは名字がなくすべて名前のみのなのだ。 一説には江戸時代には行司は武士、 呼び出しは苗字が名乗れない身分の方が行っていた事。 が続いているという話もある。 とにかくお昼からの約5時間。 全く飽きない伝統美のオンパレードだったのだ。